カウンセラー詳細

現在 オフライン
名前(なまえ) 若林 志津香 (わかばやし しずか)
カウンセラー歴 20 年
性別 女性
保持資格 臨床心理士
得意分野 発達障害 家族関係 育児の悩み 不登校 夫婦関係 不安 職場でのストレス 愛着関係
消費ポイント 100 ポイント/分
経歴 鹿児島県出身

大学卒業後、郷里に帰り中学校教諭として社会科を担当。
心障学級(現在の特別支援学級)の科目担当。
中1の担任として問題行動のある生徒の指導を行う。
個別に対応する必要性を強く感じたことが、臨床心理士を目指す原点になったように感じている。
結婚後、夫の転勤で上京し、1歳の娘と二人きりの密室育児を経験する。
その後働きながら子育てをし、友人からの勧めもあり大学院の研究生となる。

大学院入学後、臨床心理学、発達心理学を学び、自閉症スペクトラムの言葉の出ない幼児のプレイセラピー(遊戯療法)を行う。
大学院修了後、シングルマザーとして子育てしながら公立の教育相談室にて常勤相談員として幼児から高校生年代とその保護者の相談に従事した。
その後、精神科病院のデイナイトケア、個人クリニックのカウンセラー、精神保健センターの常勤相談員、個人クリニックのデイナイトケアに勤務。
発達相談や集団精神療法、個人のカウンセリングなど数多くのケースを担当した。
メッセージ はじめまして。
臨床心理士の若林と申します。
「気分が落ち込んでいる」「よく眠れない」「同じことをぐるぐる考えてしまう…」
そんな時、ちょっと誰かに話をすると気持ちが軽くなったり、体調がよくなるという経験はありませんか?
おしゃべりというのは気軽なストレス解消法ですね。
誰かに悩みを話してみることはお勧めですが、気を付けたいのは、誰に話すかということだと思います。
家族や友達など親しい人に話してよけいに落ち込んだことはありませんか?
「こんなことでも話していいのかな」と迷うことはありませんか?
「カウンセリングってどんな感じかな?」「経験してみたいなぁ…」
そんな時、どうぞお気軽に相談してみてください!
カウンセリングで心がけていること 丁寧にお話を聴くことを大事にしています。
そのためには質問させていただくこともありますが、おたがいに話の内容を共有できるようにと考え、質問しています。
話をすることは、気持ちが楽になるなど良い効果はあります。
しかし話すことでその後、しゃべりすぎたのではないかと不安になったり、昔の経験を思い出してしまいネガティブな気持ちがわいたりすることがあります。
そういう気持ちになったら、ぜひ私にお伝えください。
カウンセリングでよい効果を上げるには、その人それぞれのちょうどよいペースで話すことが必要だと考えています。
それぞれのペースに寄り添いながらお話を進めていきたいと思っています。
自己アピールポイント カウンセラー歴が長く、様々な年齢・性別や個人・グループセッションなど経験が豊富です。
ちょっとした悩みから教育・福祉・医療・産業などの幅広い領域で仕事をしてきました。
趣味 読書 音楽・映画鑑賞 フラワーアレンジメント 猫と遊ぶこと

カウンセリング予約

8/10 (火) 15:00〜19:00
8/12 (木) 15:00〜19:00
8/17 (火) 15:00〜19:00
8/19 (木) 15:00〜19:00

※予約が可能な日は「青字」で表示されます。